脱ガリガリ!痩せ型体型からマッチョになる方法とは?

脱ガリガリ!痩せ型体型からマッチョになる方法とは?

昔からガリガリで、食べても食べても太れない。

ガリガリの体がコンプレックスで、人前で服を脱ぐのが恥ずかしい。

そんな悩みを持つ方は多いと思います。

今回の記事は、ガリガリ体型から最短ルートでマッチョになるための方法をお伝えします。

とはいっても、急にボディビルダーのような鋼の肉体を手に入れることはできません。

中にはそういった謳い文句でサプリや加圧シャツを買わせようとする悪質なサイトもありますので、気をつけましょう。

しかし、正しい知識と行動が伴えば確実に筋肉はついていきます!

私自身、もともとかなりの痩せ型体型でしたが(学校のクラスで一番細いぐらい)、しっかりとした方法で筋トレに向き合うことでボディメイクに成功しました!

そんな自身の経験も踏まえつつ、短期間でも肉体を変える術を紹介していきたいと思います。

痩せ型体型の特徴とは??

痩せ型体型の人というのは、生まれつき体脂肪率が低く、遺伝によるものが大きいと考えられます。

そのため、体重を落とすことも比較的容易であり、生涯にわたり過度な体重増加や体脂肪の増加に悩まされることはないでしょう。

しかし、筋肉を成長させるためには体重を増加させることも重要になってくるため、痩せ型体型の方は激しいトレーニングに加え、食事面での工夫がより必要になってきます。

痩せ型の方はトレーニングよりも食事に関する悩みが多いように感じます。

痩せ型体型の傾向

・生まれつき体脂肪が少なめで、体脂肪を落とすのは得意      

・手足が長い場合が多く、体のラインが直線的

・腰が小さく、肩幅が狭い

・そもそもの体重を維持することが難しい場合もある

・新陳代謝が高く、摂取したものは簡単に燃焼できてしまう

・骨が細いことが多く、角張っている

以上のような特徴をもつ方は痩せ型体型に当てはまることが多いです。

かくいう私もだいたい当てはまり、骨が細くて手足が長いのは今も変わりません

男性でこのような体型だと自信がなさそうに見えたり、頼り甲斐がなさそうに見えます。

しかし、これらの不安は解決することができます!

痩せ型体型向けの筋トレ、食事、生活スタイルとは

一般的な体型や元からがっちりした体型の方と痩せ型体型の方とでは、筋トレの方法や食事面、生活スタイルの面でも異なることがあります。

痩せ型体型の方は次の三点において工夫して筋肉をつけていきましょう!

①痩せ型体型の筋トレ

痩せ型体型の方は新陳代謝や基礎代謝の高さから、セット数の多い筋トレなどは逆に筋肉を細くしてしまう可能性があります。

おすすめなのは、マシンなどよりもバーベル運動などのフリーウェイトでの筋トレです!

短時間の間に、重量を効かせた筋トレを行い、集中してトレーニングすることが重要です

また、肩の三角筋や腕の二頭筋を鍛えるるよりも、まずは大胸筋や背中の広背筋、下半身の筋肉を鍛えることでより筋トレの効果を最短で感じることができます。

おすすめの種目はやはりBIG3(ベンチプレス、デッドリフト、スクワット)ですが、怪我をするリスクが高いので無理して全てやる必要はないでしょう。

例として、スクワットはレッグプレス、ベンチプレスはダンベルで行う、デッドリフトは懸垂やラットプルダウンで代用するのもありです。慣れてきたらBIG3を行えば良いと思います。

10回できる重さで各部位3セットずつ行ないましょう!

また、有酸素運動に関してですが、こちらはやる必要はまったくありません!

痩せ型体型の方はまずはウェイトをあげることに専念しましょう。有酸素運動でカロリー消費してしまうと本末転倒ですよね。

②痩せ型体型の食事

人間の筋肉がつく基本原理として、トレーニングに加え摂取カロリー>消費カロリーになるように食事をとる必要があります。

常に体内にエネルギーがあるようなイメージです。

特に筋合成にタンパク質が必要なのは有名な話ですが、痩せ型体型の方は炭水化物の摂取も重要になってきます。

炭水化物を多めにとることは、摂取カロリー>消費カロリーを守るうえで効率的に行うことができます。

炭水化物の摂取する目安として、全体の摂取カロリーの50%ほどがよいとされています。

③痩せ型体型の生活スタイル

基本的に痩せ型体型の方は活動量が多く、基礎代謝が高い傾向にあるため簡単に痩せすぎてしまうことがあります。

これの解決策は、活動量を意識的に抑えることです。

自動車のアイドリングストップを例に挙げるとイメージできるかと思います。

何もしなくても人間の体というのはエネルギー消費を続けてしまうので、たまには活動を抑えて休みをいれることが大切です。

特に神経を休ませてストレスを減らすことで、無駄なエネルギー消費を少なくすることも考えましょう。

体重そのものを増やすのも大事ですが、減らさない工夫というのも必要なのです。

まとめ

今回は痩せ型体型の方の筋トレ方法や食事についてまとめました。

太っていることが悩みの方からしたら、痩せ型体型の方の悩みというのは羨ましい限りだと思います。

体に関しては様々な悩みを抱える人が多いです。

特に痩せ型体型というのは筋トレの効果がでづらいばかりか、逆に筋肉が細くなってしまうケースもあるので、気をつけてトレーニングに励む必要がありますね。

これからも当サイトではそうした悩み・疑問に答えていきたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。

筋トレカテゴリの最新記事