<初心者必見>ジムでのNG行動まとめ マナーを守り安全なジムライフを!

<初心者必見>ジムでのNG行動まとめ マナーを守り安全なジムライフを!

みなさんこんにちは!

私は普段24時間ジムに通っていますが、月額費の安さや土足で運動できてしまう環境、筋トレyoutuberの影響もあって日々利用者が増えているように思えます。

フィットネスが流行りブームになることは健康増進の観点から見て非常にいいことなのですが、初心者が多くジムでのマナー違反の行動が目立ちます。

あなたに悪気がなくとも、その行動は周りから白い目で見られているかもしれません!

今日は、初心者にありがちなジムでのNG行動についてまとめていきたいと思います。

以下のことに気をつけてお互い気持ちの良いトレーニングにしましょう!

①マシンの長時間利用

24時間ジムなどは基本的に同じマシンはありません。

チェストプレスやレッグプレスなど、1台しかない場合が多いです。

そのため、順番待ちになっていることも多々あります。

そういったときに、マシンに座りながらのスマホいじりや、3分以上のインターバル(休憩)、友達とのおしゃべりなどの行為は非常に迷惑です!

10レップ×3セットで休憩を2分とったとしても10分くらしか利用しないはずです。

筋トレは短い時間内でいかに効率的なトレーニングができるかが重要です。

無駄な時間がないか今一度確認してみましょう!

②マシン使用後の汗を拭かない

各ジムによって方法は異なると思いますが、ジムのマシンやベンチを使った後はアルコールペーパーやタオルでの拭き取りが決まりとなっています

これは、使用中についた汗を拭き取るためや、次の人が気持ちよく使うために絶対に行ないましょう。

基本的にはジム入会手続きの際にスタッフから説明があるはずです。

特に気をつけなければならないのは、有酸素運動エリアのマシンです

有酸素運動は筋トレマシンなどに比べ比較的利用時間が長く、汗も多くかきがちです。

あなたの知らないうちに床にポタポタと汗が落ちていることもあり、見落としがちですがしっかり床まで綺麗にしましょう!

こまめにタオルで汗を拭くのも大切ですね。

③プレートや重りを元に戻さない

フリーウェイトエリアにあるパワーラックやスミスマシンは、バーベルにプレートをつけて負荷を増します。

このプレートを、使用後に元に戻さないで帰る方が意外に多いです。

次に使う方が戻すことになりますし、マシンと違ってピン1つで重りを変えれるわけではないので、非常にめんどくさいです。

特に、スタッフの監視下にない深夜帯の利用者に多い傾向があります

レッグプレスやチェストプレスといったマシンに関しては使用後ピンを上部に置いている親切な方もたまにいますが、基本的にはそのままでいいかと思います。

というのも、ピンを差し替えるだけなのでプレートほど重作業ではないからです。

④マシンを使う音がうるさい

これも初心者にありがちなNG行動です。

トレーニングマシンは重りとなるプレートがいくつも重なっていて、力を入れると重量設定したところでプレートが浮き上がるという構造になっています。

しかし元の姿勢に戻るとき、一気に力を抜いて戻すことでプレートが元の位置に落ちてしまい、プレート同士がぶつかって音を鳴らすのです。

イヤホンで大音量で音楽を聴きながらトレーニングしている初心者のかたは要注意です。

こうした行動は他の方の集中力を欠くだけでなく、マシンの早期劣化にもつながるのできをつけたいところです。

⑤ベンチを物置きにしない!

様々なNG行動があると思いますが、個人的にはこれが一番迷惑かなぁと思います。

24時間ジムなどの小規模ジムでは、角度を調整できるインクラインベンチが1台しかないことがあります。

そうしたジムで多いのが、ベンチに水筒やタオル、スマホを置いて、その近くでまったくベンチに関係ないエクササイズをしているパターンです。

これでは他の利用者がベンチを使いたくても使えず、とても迷惑な思いをします。

また、ありがちなのが隣にフラットベンチ(平らなベンチ)があるのにかかわらず、インクラインベンチで腹筋運動やダンベルローイングをするパターンです。

角度を利用してトレーニングしないのであれば、フラットベンチを使いましょう。

なんのためにその器具があるか、用途を考えた上で使用することが大切です。

⑥友人同士で騒ぐ

これは学生やカップルに多いと思います。

ジムでは基本的に大きな声での会話はNGです

それは、みなさん一人ひとりが集中してトレーニングを行えるようにするためです。

中には合トレなどで友人らとトレーニングされることもあると思いますが、その際は周りの迷惑にならない程度のボリュームで会話しましょう!

特に、動画撮影は周りの方とのトラブルにも発展しやすいので注意しましょう。(基本的には撮影NGのジムが多いです)

まとめ

いかかだったでしょうか?

初心者のNG行動についてまとめましたが、みなさん悪気はないはずです。

しかし、マナーを知ることは大事なので、1つでも自分に当てはまった人は次回から気をつけましょう!

マシンなどは静かに扱ったほうが効かせたい部位に効果的ですし、長時間マシンを使うよりも短時間で集中してトレーニングしたほうが上達は早いです。

それでは、これからも充実したフィットネスライフを共に歩んでいきましょう!

最後までお読みいただきましてありごとうございました。

ジムカテゴリの最新記事